日記
前の月 2009年10月 次の月
    010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

いのち


2009年10月23日



今日は、個展のなか日…お休みをもらって、
簡単な人間ドックに出かけてきた。
会社を辞めて10年、何の検査をしないまま、過ごしてきた。
昨年、父を亡くしてから、「生きてる事って、
当たり前じゃない、特別な時間なんだ。。。」って、
思うようになった。 
そうしたら、何でもない日常も、今までよりステキに思えてきた。
また、命と真剣に向き合っている人からの言葉も、
心に届き、しっかり調べてみたいと思った。 

子宮ガンと乳がんの検査は来月に残し、
今日の検査を終え、快晴の秋晴れを深呼吸したら、
父のお墓参りに行きたくなった。車で15分ほどの、
緑の中にある気持ちのいい墓地です。
一週間前に母が備えた、しきびはまだ青々していて、
そこにうすピンクと黄色の菊を加えると、

明るくなった。墓石をタオルで拭いて、
手を合わせると、いつも心が落ち着く。
そこに、よくいろんな昆虫やトカゲや小鳥などがやってくる。
お線香立てる小さな屋根の下に、トカゲが休んでいた事もあった。
そんな時、なんだか、うれしくなって、「ゆっくりしていってね」と、
逃げないように静かにお線香を上げる。

お墓という場所は、人もトカゲも虫も、同じ命で、
おなじ地球の仲間なんだな。。。と感じれる不思議な場所。
今日は、カマキリと出会った。 正面からカメラを向けると
まっすぐと見てくれ、横から撮ると、またコッチを見てくれた。 
しばらく、カマキリと撮影会で遊んだ。

枝に残る、最後の枯れ葉を見上げると、
その先には、真っ青な秋晴れの空が広がっていた・・・・・

今日の美しかった風景。