日記
前の月 2009年12月 次の月
  0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

たびたび日記~コーラム~


2009年12月23日



この写真は、南インド・マドゥライの郊外にある、
チャンドラボーズさんのお家に泊まらせていただいた時
の、早朝の光景です。
お母さんと娘さんが、夜明け前の5時半、
玄関先に「コーラム」を描いているところです。
「コーラム」とは、南インドでよく見られる、
チョークを削ったような粉を、指先からこぼしながら描く、
吉祥紋様の事です。

 ■玄関先を掃き、水をまきます。
          ↓
 ■白い粉で、フリーハンドで輪郭を描いてゆきます。
          ↓
 ■カラーの粉を使って色を埋めます。子供達も手伝います。
          ↓
 ■すべて色をつけた後、もう一度、白い輪郭を重ねます。

この日は、特別な期間との事で、夜明け前からの、
特別にカラフルなコーラムではあったのですが、
この「コーラム」を描く事は、毎朝の習慣です。
お母さんの手伝いをしながら、
娘さんたちは覚えてゆきます。
「今日一日、良い運気が、家の中に入ってゆきますように」と、
お母さんが願い、丁寧に模様を描きます。
そんなヒンズー教徒の習慣に生きていない私は、
ついアートとして、見とれてしまいますが。。。朝があけ、
人との行き来でにぎわいだすと、
絵の上を、みんなが歩いてゆきます。
昼も過ぎると、粉がまいてあるだけのこの絵は、
土に紛れ消え始めてゆきます。
でもそれは、「多くの人が、我が家を訪れてくれた」と、
うれしい事なのだそうです。
           
残す為の絵でもなく、人に見せる為の絵でもなく、
仕事としての絵でもなく、母が描く、祈りの絵。 
とても、美しく眩しく、感じました。

今回の旅で、南インドで見かけた、
さまざまなコーラム、ご紹介します。
一つとして、同じ模様には出会いませんでした。

伝統的な模様を基本に、
お母さん達のアレンジがされてるとの事。