日記
前の月 2009年06月 次の月
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

たびたび日記~母、初の一人旅~


2009年06月05日



徳島県脇町うだつ通りにある「時代屋」さんでの個展は、
今回で三回目。おととしも、去年も、
この時代屋さん行きを計画していた両親だったけれど、
両年ともかなわなかった。
おととしは直前に、父が体調を崩し検査をしたところ
大動脈瘤がみつかった。
去年は、ホテルもとり、父が練った旅の計画は万全だったが、
2日前に体調が悪化、入院する事となった。

今年は、徳島行きを楽しみにしていた亡き父の
思いを胸に、母が一人でやってくる。
方向音痴で、早とちりの母の、初めての一人旅。。。
4回の乗り継ぎをクリアーしなくてはならない。

「あつみぃ、予定通り最後の汽車にのったから~、
2時に穴吹駅に着くょ、まっててね~。」との電話。

その電話を母の隣りで聞いていた若い女性が、
一つ前の駅で降りようとした母に、
「穴吹駅は、もう一つ先ですよ。」と教えてくれて…(^_^;)
午後2時、無事に母と会うことが出来た。

90才の祖母をあずけての、たった一泊の脇町への旅。
おいしい食事、時代屋さんのあたたかい歓迎、
のんびり町並みのスケッチ、夜は蛍も見に行った。 
私と母の間で、きっと父も笑っていた。
脇町でたくさんの親切をいただき、
「徳島県の人は全員親切なんだねー、
あつみが何度も四国に行く気持ち、分かる気がしたょ。」

そんな言葉を残し、6日の午後2時、汽車に乗って、
母は名古屋へと戻っていった。