日記
前の月 2009年07月 次の月
   01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

うれしい電話


2009年07月06日


二年前の時代屋さんで知り合った、香川県引田のNご夫妻。
「いつか、かならず引田で、光の切り絵展を!」と、
たくさんの人に紹介して下さり、
応援してくださっているNご夫妻。
息子さんは、仕事で大阪に住まわれていて、
今はお二人で工場に勤めながら、暮らされている。

「息子なぁ、仕事が忙しくってなかなか引田にも、
来れないんょ。。。最近、さみしくて、犬かいはじめてなぁ。。。」と、
こないだの時代屋さんに、かわいい子犬を連れて来られていた。

そんなNご夫妻から、たった今、うれしい電話があった。
「あっちゃん、今なぁ、大阪の息子から、高知の影絵展、
連れてってくれるって、電話があったんよぉ~! 
高知市のホテルも取ったから。。。って!。。。はじめてなんょ。。
こんなこと。おばさん、もううれしくってなぁ、
あっちゃんに知らせたくなって。。夜分にごめんねー。」
なんども、同じ話しを繰り返し、おばさんは本当にうれしそう。   

なんだか、胸が熱くなってきちゃって
「おばさん、私もすごくうれしい。
ぜったい、晴れにしようねっ!」と、話した。

最後におばさんは、「あっちゃんの絵は、そういう絵なんよ。。。」
  
そんな、スペシャルにうれしい言葉を贈ってくれた。。。
一日の最後に、とってもうれしい電話だった。