日記
前の月 2010年03月 次の月
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
【 最近の日記 】
【 2010年の日記 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

オープンしました☆


2010年03月29日



山梨から、帰ってきました。
23日24日と、愛知から駆けつけてくれたみなさんと、
美術館のスタッフさんとで力を合わせ、
古民家の中を飾りつけ、25日は、
冷たい雨の中プレオープンを向かえ、
27日晴天、いよいよ切り絵の森美術館は、開幕しました。
   
絵が雨に濡れないようにと、早朝4時に出発してくださった、
梅幸園の梅村さん、ありがとうございました。
古民家に似合うタンスや小物、絵のディスプレイ、
山下富士夫さんのおかげで、絵が古民家に溶け込みました。
絵の展示までの、最後の最後まで見守って下さった
Liv設計の川口亜稀子さん、古民家に
光の切り絵が点灯した時、感動でした。
絵と古民家をやわらかくつなげてくれたのは、
伊神真瑛さんのお花たち。 お花と光で織り成す空間大好きです。
             
私の新たな一歩を、カメラを通して見届けてくれた
小林新治さん。写真を拝見し、この三日間をずっと大切に
覚えておけそうです。

初日に駆けつけてくれた、浅井さんご夫妻、
おえかき教室の隆くんファミリー、のんちゃんファミリー、
古民家に似合うステキな洋服を作ってくれたVoz野間ちゃん、
古民家で出会う知ってる笑顔に心ぽかぽかになりました。
和紙スイーツの美紀さんが、オープンに合わせて
送ってくださった手作りのケーキとカード、
              
ちえちゃん、ゆみさんが送ってくださったお花たち。。。
友人達からのおめでとうのメール・・・ 
そして、今まで応援してきてくださったみなさんのエールが、
このオープンへとつながりました。

どれだけのありがとうでも、足らない、感謝の気持ちが、
古民家の中にあふれています。
            
このあふれるありがとうの気持ちを、
どこまで絵にすることが出来たでしょうか。。。

描ききれなかったありがとうを、これからの糧にして、
またもう少し先の一歩を、歩き出してゆきたいと思います。
                       
ありがとうございました。(*^_^*)