日記
前の月 2010年10月 次の月
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
【 最近の日記 】
【 2010年の日記 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

犬山祭りで


2010年10月23日



今日は、夕方から犬山に出かけてきました。 
もうすぐの「ノリタケの森ギャラリー」で飾るための、
新しい額縁と、展示用の棚を、取りに行ってきました。
いつ頃の仕上がりで、何日に取りに来よう。。。という、
話の中、「23日だと、夜山車が見れるょ。」と山下さん、
このお祭りの日に合わせて仕上げてくださいました。
去年、ろうそくの提灯がゆっさゆっさとゆれる、
夜山車の迫力と美しさに圧倒され、カメラを手に、
人込みを縫って駆け回りました。あの光景をもう一度見たい!! 
前日は徹夜で予定の絵を仕上げ、お祭りに出かけました。
今年も、その夜山車を追いかけているとき、
ふと、ある物に目がとまり、足を止めました。

「あっ。。。」  
先日、みかちゃんとの下呂への遠足で見つけた、
ストラップが売られています。
電球に照らされ、カラフルな小物が、たくさん飾られています。
「へぇ~。。。 いろんなところで売られてるんだぁ。 
そっかぁ、かわいいもんね。」と、もう一度眺めていたら、
お店のお兄さんに話しかけられました。

  お兄さん 「アマゾン川が、どの辺にあるか知ってますか?」
  私    「えっとぉー・・・南米?の方だったかなぁ(^_^;)」 
  お兄さん「当たったら、割引きしちゃおうかな。(*^_^*)」
  私    「私、このストラップ、持ってるんですょ☆」
  お兄さん「えーっ! どこで買ってくれたの?」
  私      「下呂のケーキ屋さんで。」
  お兄さん「えーっ!! ジークフリーダで!?」

お兄さんは、エクアドルの原住民の方なのだそうです。
そして、私が一目ぼれしたかわいいストラップは、
エクアドルの女性が、手作りしているもの。
タグア(象牙ヤシの実・加工すると象牙のような質感になる。)を
削り加工し、木の実や葉っぱなどの自然の色で染めて、
アクセサリーや小物を作っているんだそうです。
お兄さんの家族がエクアドルに住んでいるので、
作り手の方たちとつながりながら仕入れているとか。
その小物を日本で販売することで、エクアドルの女性の
自立支援をしたい。。。と、言われてました。
下呂のケーキ屋さん「ジークフリーダ」とは、お知り合いで、
置いてもらっているんだそうです。あとは、
イベントなどに出店して、販売をされているそうですょ。
一個一個、全部色の組み合わせが違って、
自分にピタリとくる色を選ぶも楽しい!
木の実と、自然の色の質感が、とってもやわらかくて、
かわいいんです。お守りにもなるんだそうですょ。
そんな背景をお聞きしたら、ますます、
このストラップに愛着がわいてきました。
そんな優しい背景が、きっとこのストラップの魅力に
なっているんですね。物があふれるこの時代、
その中で、ふと心が留まる物には、
そんな背景があるのかも知れません。