これまでの日記

出会いの神様

2013年05月14日

オープニングでの様子。オープニングでの様子。


「音と光り絵コンサート」を終えて、山梨から、戻りました。

池田綾子さん、ミュージシャンのみなさま、
投影してくださったタケナカの牛嶋さん、照明さん、音響さん、
会館さん、主催・実行委員のみなさま、お客さま、
みんなで「音と光」の世界を作り、一つになる事ができました!

綾子さんの歌に、光の切り絵を重ね、
光の切り絵の物語に、綾子さんの言葉が重なり、
ピアノ、ヴァイオリン、フルート、パーカーッション、
ギターが溶け合い、会場に音と光が降り注ぎました♬
やさしい綾子さんの音楽で、会場中幸せに包まれました。

舞台が終わって、胸いっぱいの中、
綾子さんと握手とハグをしました。
まだ出会って数カ月だけれど、 お互いに心を差し出した
舞台を終えたら、 なんだかもう何日も徹夜で
語り明かしたような気持ちに。。。^^


綾子さんと、昨年の夏、山梨の「切り絵の森美術館」で出会い、
その出会いの種が、こんな素敵なコンサートという
花を咲かせてくれたこと、なんだか信じられないような、
幸せな思いに包まれた時間でした。
出会いの神様に「ありがとう。。。」と、
舞台袖でつぶやいてしまいました(*^_^*)

出会いの喜びは、生きている最良の喜びなのではないかと、
感じるこの頃です。。。

本当は人見知りな私にとって、絵が、その出会いの
道先案内人に、なってくれているようです。
これからもステキな旅路に案内してもらえるように、
正直に絵と向き合ってゆくと、大切なんだなぁ。。。って、
感じています。

今、こうして日記を読んでくださっている皆さんとも出会えたこと、
奇跡。。。だなぁ。。。「出会いの神様」に感謝です (^^*



光の切り絵に、朗読と歌とを添えてくださってのコーナー。光の切り絵に、朗読と歌とを添えてくださってのコーナー。





このごろ日記

2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度

【 2013年の日記 】

2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度