これまでの日記

「涙の種」

2014年03月21日





つい先日、このホームページからのメールを通じて、
一通のお問い合わせがありました。

京都の方からでした。

「初めてメールいたします。
2年くらい前に、美濃の和紙の里会館で行われていた
作品展で初めて作品を見ました。
その時に展示されていた作品で、うつむく少女の目から
涙が下の湖にしたたっている絵がとても印象にのこっています。
切り絵のタイトルは覚えていませんが、
この作品をもう一度見たいと思っていますが・・・
作品集や展示など目に触れる機会はないでしょうか?
わかりましたらお教え下さい。」

もう2年前にもなる展示会で、たまたま見かけた絵を、
このように、記憶にとどめていてくださったなんて。
とてもうれしいメールでした。

その絵のタイトルは、「涙の種」です。
少女の流した一粒の涙から、蓮の蕾が現れるという絵です。

メールいただいたこの方は、そこにどんな思いを
馳せられたのでしょう。。。

このいただいたメールをきっかけに、
4月の犬山での展示会に、展示することとしました。
「涙の種」も、この方との再会を待ちわびているように感じて・・・






このごろ日記

2021年度
2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度

【 2014年の日記 】

2021年度
2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度