日記
前の月 2014年03月 次の月
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
【 最近の日記 】
【 2014年の日記 】

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

卒業式


2014年03月31日



今日は8年つづいた、自宅でのおえかき教室、最後の日でした。

もうすぐ中学生になる、りゅうくんと、としくん。
最後にこんな気持ちのこもった、「光の切り絵」がうまれました。

写真は、最後の切り絵と、はじめて教室に来た時の絵。
こんなに、成長したんだなあ。。。

最後に、手紙のように書いた卒業証書を読みました。
なんだか泣けてきちゃって、スリーショットは私だけ涙目です^^;

二人からも手紙や、手作りのプレゼントをもらいました。
りゅうくんが書いてくれていた、
「器用に作ることじゃなくて、何を作るのか考える力を学びました。」
なんて、うれしすぎる言葉がありました。
それは、絵を作る事の一番の意味だと、私が思っている事です。
「作りたい物があるから、創作する!」
「表現したい気持ちがあるから、絵を描く。」
それが、創作の種の部分だと思っています。
今まで、子供たちに言葉にしてその話しをしたことはなかった
ので、りゅうくんからの言葉は、とてもうれしかったです。
としくんがくれた、としくんオリジナルのキャラクター粘土は見事!
私は、としくんが生むキャラクターの大ファンです。
今回の新作、その名も「ガンテツ」だそうです。^^
性格は「きょうぼう」。。。だそうなので、アトリエの
ボディーガードになってもらいます☆


2人には、これからも、あのお絵描きの時に見せてくれた、
真剣な目で、夢中になれるような道、歩いていってほしいです☆

さぁ!私も、おえかきの先生の卒業式を迎えて、
明日から、2人に負けないように、再出発です〜(o^^o)