日記
前の月 2012年08月 次の月
   01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
【 最近の日記 】
【 2012年の日記 】

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

たびたび日記⑥~足摺の出会い~


2012年08月17日



翌日からは3日間、みかちゃんと2人、
サマーバケーションしてきました♪
今回のサマーバケーション、一番の目玉は、
「ホエールウォッチング」です!
内子の投影を終えた翌日5時間車を走らせて、再び足摺へ。
足摺岬や、高知県黒潮町では、ホエールウォッチングが、
体験出来るんですよ!

予約してあった漁船に乗って、
8日の朝8時半、足摺港を出発です!
みかちゃんと漁船を操縦する漁師さんとの3人クルーズでした。
漁船の穂先に乗せてもらって、光が乱反射する、
太平洋へと突き進んでゆくクルーズだけでも、
もう大興奮です☆ 水面がスパンコールのように
、輝いていて、海上は満天の星空のよう。

およそ4時間のクルーズ、くじらに会うまでは、
絶対に船に酔ってらんナイ!!
ひたすら、水平線を眺めて、歌なども歌いながら
、「私は酔ってない、絶対によってない!」と、
強く言い聞かせながらの2時間半。。。本当は、
しっかり酔ってきていて、私もみかちゃんも、
始めのはしゃぎ様はどこへやら、すっかり無口になって、
ひたすら水平線を見つめていました。

「台風の後だからかなぁ、くじらの情報はこないなぁ。」
そんな言葉も。

「。。。あぁ。。。だとしたら、そろそろ沖に戻りたい。。。
私、完全に酔ってます。。。。(心の声)」
でも、みかちゃんも耐えている。 
そんな事は、絶対いいたくなぁい!
オリンピック選手たちも、あんなに、
つらい練習に耐え、頑張ってるじゃないか!
4時間は、絶対に耐えなければ。。。
そんな心の葛藤の中、漁師さんが 
「あぁ!あっちにイルカがいるね~(^^!)
「えぇー、ドコドコ?」 ムクっと急に元気になる私とみかちゃん。
ここまで2匹の飛び魚を見ただけ、
イルカとは、想定にありませんでした! 
すると、遠くに、なにやら、ピチピチと、
魚がはねるようなしぶきと、動きが見えます。
10匹や20匹じゃなくて、群れでいる感じです!!
漁師さんが、ずんずんと群れに近づいてくれると、
それは、まさにイルカの群れだったんです。

すっごぉぉぉーーーーーーーいっっ!!!!!

船の周り360°、イルカたちに囲まれています。
早いスピードで泳ぐイルカたちに合わせて、
船を並走して、イルカとともに海を駆け回ります!
船の真下にもイルカがたくさんいて、一緒に泳いでる気分です。

チビちゃんイルカから、大きなイルカまで、
大きさはまちまち、親子かな。
みんなは家族かな。 仲間なんだろうな。 
ざっと感じる限り、200頭以上だったんじゃないでしょうか。


みんな、近くのグループは、
同じタイミングで、ジャンプするんですね~。
声掛け合ってるんでしょうか。「せ~のっ!」って。
あれって、息継ぎしてるんですょね。
ジャンプの時、頭の上の、穴がプシューッって、
音を立てて開いてました。

今、思い起こしてみると、夢であったように感じます。。。
1時間ほどの夢の時間。

足摺テルメの、流れ星で掛けた願い事。。。
人生初のくじらには会えなかったけれど、
こんなステキな出会いを、させてもらいました~。

みなさん、日本の海で、こんな光景に会えるんですょ。。。
スゴイですねー日本の海!!
クジラは会えないときもあるけれど、
イルカは、結構な確率で、会えるんだそうですよ。
感激!おすすめスポットです。
私は、また来年、くじらに会う再チャレンジ!したいと思います。
やっぱり初めてのクジラは、黒潮町の砂浜美術館の
館長さん(ニタリクジラ)さんに、
ご挨拶してから。。。なのかもしれません(*^^*)