これまでの日記

atoaの作品ができるまで

2021年11月03日

切り絵の原画を組み合わせ、表情など微調整をし、 動画制作前の絵は完成です。切り絵の原画を組み合わせ、表情など微調整をし、 動画制作前の絵は完成です。


神戸の水族館atoaーMIYABIーでの、
光の切り絵「にほはしき時の巡り」、
制作過程を順番に並べてみました。

光の切り絵は、黒い紙を切り抜き、
切り抜いたところに色を入れ、
切り絵のパーツたちを組み合わせ、
さらにそこに動きを入れて完成しています。

⑥原画パーツを組み合わせ完成
⑤切り絵の原画の完成
④和紙に着彩
③切る
②下書きや、イメージスケッチ
①初期の絵コンテ
◯空間を把握するための模型

ここにさらに動きや光を加えて、
音楽や、アートスクリーン、
空間デザイン、照明、生き物たちと
合わさり、MIYABIの空間が完成しました。



合計7つの動画を、11台のプロジェクターで、ひとつの景色を作っています。 その全体を把握するために、模型を作りました。合計7つの動画を、11台のプロジェクターで、ひとつの景色を作っています。 その全体を把握するために、模型を作りました。


下書き。 ここではあまり完成の線は決めすぎずに、 切る時の手を動かしたい感覚を優先させています。下書き。 ここではあまり完成の線は決めすぎずに、 切る時の手を動かしたい感覚を優先させています。


作りたい景色を構成する、パーツを切ってゆきます。作りたい景色を構成する、パーツを切ってゆきます。


切り抜いた場所に着彩切り抜いた場所に着彩


●atoaホームページはこちらから




このごろ日記

2021年度
2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度

【 2021年の日記 】

2021年度
2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度