これまでの日記

音楽が生まれました

2021年04月05日


4月17日(土)から高知で開催されます、
「光の切り絵展〜いつもはじまり」で、
足摺岬 白山洞門を舞台に、物語を描きます。

白山洞門は、今まで幾度となく訪れた場所。

そそり立つ大きな岩壁が、険しい波によってくり抜かれ、
その穴からは、壮大な太平洋が光っています。
まるで地球への入り口のようです。

物語のタイトル「はじまりの門」では、
命のはじまりから、旅立ちまでを、
ウミガメを主人公に描きました。



そして、その物語に音楽を重ねてくれたのは、
クラリネット奏者であり、音楽家の岡林和歌さん。

以前に和歌さんのライブで、ご自身作曲の
旅立たれたお父さまの曲を聞いたことがありました。
その曲には、和歌さんの強さと真っ直ぐさが煌めいていて、

”はじまりの門”の物語ができた時、
「音楽を和歌ちゃんにお願いしたい!」と決めていました。
高知は、和歌さんの故郷でもあります。

物語「はじまりの門」に、
どこまでもまっすぐに心寄り添って、
また和歌さん自身の気持ちと重ね、
素晴らしい音楽を生み出してくれました。

◯作曲クラリネット 岡林和歌さん
◯編曲ピアノ 金沢あきなさん
◯編曲パーカッション 美郷さん
◯動画制作 いけはら咲さん
◯タイトル字 北古味可葉さん

多くの素晴らしい力と気持ちが合わさって、
生まれました。

ぜひ、みなさんにもお聞きいただきたいです。
お聞きいただける機会がいくつかございます。


●「光の切り絵展〜いつもはじまり」
●そして一緒にライブも行います。
●また、和歌さんにとっての初めてのCDアルバム(光の切り絵ミニ絵本付き)
を作りまして、ご自宅でもお聞きいただけます。
今は展覧会での販売のみとなりますが、
今後、光の切り絵ショップでも販売したいと思っています。