プロフィール紹介

酒井敦美

作品集へ

酒井敦美 光の切り絵作家

愛知県生まれ、在住。
幼い頃から、お絵かき工作が大好き、
その感覚のまま今も創作を楽しみ取り組んでいる。

大学卒業後、舞台美術としての影絵(切り絵)の制作に10年取り組む。
その中で、“光”と“切り絵”とを組み合わせた表現に没頭し、
様々な光の切り絵を見つけてゆく。

その一つ「一画二驚いちがにきょう」と名付けた、
一枚の絵が、光の当て方で2つの表情に変化する切り絵。
また、「うごく絵本」動きとストーリーを加えた、絵本のような映像作品。
そして、「幻灯空間」は、光の切り絵を、砂浜や雪原やお城など
様々な空間に光の切り絵を投影し、いろんな世界に染め上げる。

【これまでの活動の一部】
●2008〜2017 さかわ酒蔵ロード劇場の発足からの10年(高知)
●2010〜現在 富士川 切り絵の森美術館 常設展示(山梨)
●2013〜現在 やくしま森祭り(鹿児島)
●2013ブルキナファソ 2017オーストラリア 2019モンゴル
●2014 五台山竹林寺 平成のご開帳(高知)
●2016〜2019 神戸市立須磨海浜水族園(兵庫)
●2017〜2019 息を呑む繊細美「切り絵アート展」全国巡回
●2018〜2019 天野山 金剛寺 平成の落慶祭(大阪)
など、様々な場所へ旅しています。

音と光り絵コンサート

シンガーソングライター池田綾子さんとの出会いは、2012年夏でした。
山梨県の切り絵の森美術館で、光の切り絵の桜吹雪を見てくださった綾子さんから、
お電話をいただいたことがはじまりでした。

それから、私は綾子さんの歌に会いに屋久島へと出かけ、森と星と満月に抱かれる中、
綾子さんの声が、スコールのように降り注ぎ、やさしく深く私の心に染み入ったのです。
音と、光り絵が、出会い、引かれ合った瞬間…でした。

2013年「音と光り絵コンサート」として、二人での活動がスタートしました。
それぞれの活動と、もう一つ、大切に育み届けてゆきたい、二人での道が生まれたのです。
いつかみなさんの元へと、この音と光り絵の世界が、お届けできますように。。。♪

〈音と光り絵コンサートのスライドショーがご覧いただけます。 歌:池田綾子 道ゆく空 〉


シンガーソングライター池田綾子 ホームページ

これまでの作品展
フェイスブック
インスタグラム
YouTube