作品展

2017年4月22日(土)23日(日)


桜のライトアップ18時~ 光の切り絵の投影 19時頃~21時
※小雨決行

場所:「番所の桜・立屋のさくら」周辺。
長野県上水内郡小川村小根山8134

問い合わせ先:026・269・2323(小川村役場 担当:高山さん)

2015年に開催した時の様子です。
2015年に開催した時の様子です。

北アルプス連峰を眺めることが出来る、絶景のロケーションに、
春、幾本もの桜が咲き誇ります。
その桜は、松代藩の番所であった鈴木家の土地一帯に、
鈴木守雄さんが一人で育ててきた桜たちで、今は地元のみなさんの
手によって、育まれ、守られています。

その中には、樹齢300年とも言われる、高さ15メートルにもなる、
エドヒガンザクラもあり、その姿はこの村の守り神のようです。


見上げれば満天の星空、
遠くにアルプスの雪山、
目の前には覆われるような桜の大木、
そこに重なる、光の切り絵。。。


この美しい小川村の風景と、コラボレーションさせていただいた、
2年前の春。。。今も忘れられないシーンとして、
目と胸に焼き付いています。

今年は、新しい試みとして、色が変わる光のバルーンとも、
共演し、たのしい空間を作りたいと思います!

また、あの景色に身を置ける事が楽しみで仕方ありません!


全国的に開花が遅れている今年の春。。。
どうか、桜に包まれますように。。。






●2015年度に開催した時の、日記です。

 
☆日程は変更になる場合があります。お出かけ頂く前に、今一度ご確認お願いします。