これまでの日記

ありがとうの20周年展

2022年05月18日

今までの絵たちで作ったオブジェに、 光を当てると、“20”の文字☺️今までの絵たちで作ったオブジェに、 光を当てると、“20”の文字☺️


昨年、初個展から20周年を迎えました。

2001年の初個展は、
その頃、知り合ったばかりの、
お花作家の伊神眞瑛さんのお教室をお借りしました。

中区栄にあった、5畳ほどお教室を、
机や、たくさん花器をすべて片付けて、
私の為に、ギャラリーに変身してくださいました。

個展を開催する勇気も資金もない私を、
そっと背中を押して、
絵描きの一歩を歩ませていただきました。

20年の節目に。。また伊神さんとご一緒したい。
改装された、伊神さんのご自宅の、
花サロンの空間をお借りして、
3日間の展覧会をさせていただきました。

ご自宅でありますし、こういう時期でしたので、
たくさんお声をかけたい方、ありがとうを伝えたい方のお顔が浮かぶ中、

伊神さんとも話し合い、
伊神さんも知ってくださってる共通の友人や、
近くにお住まいの方に、声をかけさせていただき。。
一時間一組、予約制、そんな展覧会になりました。

20年前と変わらず、
お花教室の空間を、すべて片付けてくださり、
大切な仏間まで使わせていただき、

そして、お教室の生徒さん、つながりのみなさんから集まってきた花や葉や枝を、
絵のそばに生けてくださり、
また湯茶の接客までしていただきました。

伊神さん、お花の生徒のみなさん、
ご自宅を快く貸してくださったパパさん、
お菓子を焼いてくれたとなりのおばちゃんと
のんちゃんや母やいさおさん、
展示の支度を一緒にしてくれたまみちゃんみほちゃん、
訪れてくださった方々、友人たちから、
愛をいっぱいいただきました🌸

本当にしあわせな3日間でした。
伊神さん、ありがとうございました。
今までずっと、そばで応援してくださり、
かわらず仲良くいてくださり、
ありがとうございます。
30年展もまた、ぜひ、よろしくお願いします☺️



伊神眞瑛さんとのコラボ作品「櫻龍」、いつも優しくてかっこいいです!伊神眞瑛さんとのコラボ作品「櫻龍」、いつも優しくてかっこいいです!


アトリエの窓際が、花と絵でひとつの作品になりましたアトリエの窓際が、花と絵でひとつの作品になりました


今までの絵との旅を記録した様な、一画二驚作品たち。今までの絵との旅を記録した様な、一画二驚作品たち。


大切な仏間で、光あふれる空間へ。大切な仏間で、光あふれる空間へ。