これまでの日記

6億年の旅 ~生命大躍進~

2016年02月15日


6億年の旅から、帰ってきました。^^
本当に、そんな気分です。

NHK松山放送局さんの主催、企画で、
「生命大躍進ナイトミュージアム」に光の切り絵が
関わらせてもらう事になって、ここ一カ月、
6億年前のカンブリア紀~生物が地上に上がるペルム紀までの、
古代生物たちをいっぱい描いてきました。

そのイベントが、先日13日14日と行われました。

「愛媛県美術館の外壁を、6億年前の水族館に!」
そんなコンセプトで、光の切り絵に動きを入れていただき、
オルドビス紀の巨大イカ(カメロケラス)は、
実物大の20メートルで、水槽の中を泳ぎました。

そして今回初めての経験だったのが、切り絵作家さんとの共演です!
動物の形態を、リアルにかつ、キュートに美しく
切り絵で描かれる、早川鉄兵さんの作品。

"等身大"の感動を、大切にされている早川さんの、
9メートルにもなる恐竜やマンモス、圧巻の迫力と美しさでした!

"光"と"切り絵"という、共通な手法を用いながらも、
「光によって、切り絵による影を浮かび上がらせている」早川さん。
「光によって、切り抜いた部分を光として投影している」私の作品。
共通性と、真逆な手法とで、共演させてもらったら、
とても楽しく、幅のある魅力的な、空間が生まれました。

このコラボレーションを、企画してくださった、
NHK松山放送局の筧さんのアイデアに、感謝しています。


未知な生物を描く事、
早川さんとの共演、
また初めてご一緒した動画制作のフジモトさん。
現場で盛り上がるようなアイデアや仕掛けを盛り込んで、
6億年前の生物に命を吹き込んでくださいました☆

2016年、初めての野外幻灯は、
新しい一歩が詰まった、心地よく背中を押してもらう、
そんな時間となりました!

3月26日からの富士川・切り絵の森美術館に向けて、
心の内側からあふれるような、エネルギーをもらいました!

さぁ、創作の中へと、いっそうに入り込んでゆこうと思います。




○早川鉄兵さんホームページ

○切り絵の森美術館「酒井敦美・光の切り絵展」




このごろ日記

2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度

【 2016年の日記 】

2020年度】【2019年度
2018年度】【2017年度
2016年度】【2015年度
2014年度】【2013年度
2012年度】【2011年度
2010年度】【2009年度