日記
前の月 2016年05月 次の月
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
【 最近の日記 】
【 2016年の日記 】

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

木工の私。


2016年05月04日



昨日までの2日間、切り絵の森美術館に行ってきました。

はじめましての方、
いつも応援してくださってる方、
なつかしい再会、
山梨から、ご遠方からと、
たくさんの方が会いに来てくださいました。

大渋滞で大変な中、あきらめずに、
たどり着いてくださり、ありがとうございました!

久しぶりの再会の中で、木工作家の井崎正治さんが、
愛知県蒲郡市から、来てくださいました。

「おめでとう」と、手渡された箱を開けると、
素敵な赤いワンピースの女性が現れました。
片手には、ハサミをもってます。

「あつみちゃんです」。。。と、井崎さん。
言葉が、出てきませんでした。


大学卒業してすぐ、23才の頃、井崎さんの工房を訪ねて、
その作品の強さと美しさに魅了されました。
遠くて見えない目標の井崎さんに、
「私、絵かきになりたいです」と、
小さな私は、心ふるわせて、お話しを聞いてもらいました。

そして昨日、じっくりと時間をかけて、一点づつ
絵を見ていってくださり、帰り際にひとこと、
「いい仕事をしているね。 今日は、うれしかったょ。」
と言ってくださいました。 本当に、うれしかったです。

木工の私、大きく手を振ってる。

今までの道に、“ありがとう”って、言ってるのかな。
これからの未来を仰いでいるのかな。