日記
前の月 2016年12月 次の月
    010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
【 最近の日記 】
【 2016年の日記 】

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

忘れられないクリスマス。


2016年12月26日

「パティオ de クリスマス」の様子。
「パティオ de クリスマス」の様子。


みなさんは、どんなクリスマスを過ごされましたか。。。

光の切り絵は、地元の愛知県で二つ、
クリスマスの光をお届けさせていただきました。

一つは、昨年に引き続き2回目の参加の、
「パティオ de クリスマス」。。。
小さな子から、ご年配の方まで、暖かな場所で、
ゆっくりとイルミネーションを楽しめるように。。。
という思いで始まった、やさしいイベントです。

2回目の参加という事で、新しい試みにもチャレンジ
させていただきました。
光の切り絵の物語作品「サンタさんへの手紙」に、
絵本作家、橘 玲子さんが言葉をつけてくださり、
パティオウェーブのみなさんが、
舞台で、絵を背景に、読み聞かせをしてくださいました。

9日間の開催で、延べ11743人の方が、ご来場されたそうです。
幼稚園から、介護施設からと、幅広い年代の方に
楽しんでいただけたこと、私にとってもうれしい時間でした。


そして、もう一つは、12月24日(土)25日(日)と、
開催された、「ながくて冬まつり・光の王国」です。

長久手市は、私の住む尾張旭市の隣の町。
車で、5分ほどの「長久手 文化の家」が会場でした。
こんなに近い会場は、はじめて!

そして、今回のこの企画を、長久手観光交流協会さんに、
持ち込み企画してくれたのは、大学時代からの友人、
あさおかまみ ちゃんです。
大学時代、一緒に建築や、街づくりを学んだ友人と、
「笑顔を作る時間」を、一緒に考え、準備し、実施できたこと、
どの時間も喜びを感じました。
本番の2日間、光で彩られた、文化の家は、笑顔と笑い声で、
あふれました。。。たくさんの友人たちも会いに来てくれ、
大切な人たちと、笑顔で過ごせた時間でした。

2016年のクリスマス、それは幸せで、あたたかで、
今、思い出しても。。。体の芯からぽかぽか。。。です ^^


世界中の子どもたちに笑顔を配達する、サンタクロース。
ほんのちょっと、サンタさんのお手伝いが出来たようで、
2016年、幸せな光の切り絵納め。。。となりました。


○「ながくて冬まつり」ステキなムービー作っていただきました☆

○友人 あさおかまみさん のブログ。


「パティオ de クリスマス」の様子。
「ながくて冬まつり 光の王国」の様子。