日記
前の月 2012年05月 次の月
  0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
【 最近の日記 】
【 2012年の日記 】

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

三ツ星ジョージさんと紙漉き


2012年05月13日



1週間の四国の旅から帰ってきて、
久し振りに「美濃和紙の里会館」に、
行ってきました~。 
4月26日~始まった「和紙に込めた光たち展」

「ご近所、地元のみなさんも、
お2人の展示楽しんでくださっていますょ」と、
館長さんからご報告をいただき、とってもうれしかったです♪

今日も訪れてくださったみなさんとのひと時を、
静かに楽しんでいました。
そこに現れた、吉本「岐阜に住みます芸人」の三ツ星ジョージさん。
「和紙漉き、やってみませんかー?」

岐阜県出身の三ツ星ジョージさん、
一ヶ月もの和紙漉き研修を経て、
和紙漉きの腕前は、なかなかのもの。
伝統工芸士の市原さんお墨付きで
、「ジョージ君は、センスがいい!」と
言われていました。(*^^*)
「和紙漉きの腕は上がったんですが、
お笑いのほうが。。。」と、ジョージさん。
いやいやなかなか、漉いた和紙を見て、
性格判断?してくれるようなトーク、おもしろかったです!
私は、「キレイな和紙を漉かれますね~ 
手先の器用な方ですね~」などと、ほめていただきました(*^^*)
別の方は「優しい方ですね~、和紙がやさしい!」と言われていましたょ☆

私も、初めての和紙漉きに挑戦し、ご指導いただきながら、
自由に水をかけて模様をつける、落水紙にチャレンジさせてもらいました。
和紙が出来る工程の、ほんの一コマをかじらせてもらって、改めて、
和紙の魅力と不思議さを実感。。。枝のような植物(楮など)が、
こんな美しく丈夫な紙に変身するなんて、知るほどに驚きます。

初めてのこの和紙、どんな「光の切り絵」にしようかな?