日記
前の月 2009年08月 次の月
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

たびたび日記~スタジオ可葉~


2009年08月07日



高知県佐川町「酒蔵の道」内にある、
北古味可葉(きたこみかよう)さんのスタジオ兼お住まい。
200年のセピア色の建物に、
可葉さんの作品がさりげなく色を添える。
床の間の砂壁は、色むらが染み出でてひびが入る、
そこに真っ赤なハートが掛けられると、

砂壁を含めて作品となり、床の間全体が息を吹き返し、
イキイキとした表情を表す。
作品に建物を合わせることなく、
この建物の個性そのままで可葉さんは住まわれています。
その優しい暮らし方の中で、建物と作品のハーモニーが、
美しく輝いています☆
作られてない自然の美しさは、
どこを切り取ってもステキです。。。ね!

         
可葉さんちで、名古屋から来てくれた倉美紀さんと、
銅線を編んだ籠を作っているこのみちゃんと、
4人で夕飯を食べているとき。。。
このみちゃんが、「あっ。。。」  その視線の先には、
ふ化したばかりの淡いグリーン色した蝉が、まっていました
。4人でおしゃべりして、テレビも付いていて、
うるさくしていたのに、そんな中、ひっそりとふ化していたんですよね。。。
気が付いた後は、照明を暗くして、なんだか、
声もヒソヒソ話しになりました(*^_^*)
翌朝、ちょっと離れたところで、じっとしています。。。
まだ、鳴きません。日が暮れた頃、
ジーーーと、小さな音を出し始め、
バタバタ…と、旅立ってゆきました。

今、大合唱の蝉の声、
一匹づつにそれぞれの物語があるんですね。