日記
前の月 2009年07月 次の月
   01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

大切な時間


2009年07月16日



今日は和紙スイーツ作家の倉美紀さんと多治見までのドライブ。
ずっと行ってみたかった、山の中にたたずむ古民家
「ギャルリももぐさ」に出かけてきた。
いいものに触れて二人で感動し、おいしいお茶やながめ、
会話や笑いは尽きない。「ステキなお店だねー。今度は、
母たちを連れて来たいね。秋にまた、来ようね」

美紀さんと知り合って、一年ちょっと。。。
親しくお会いするようになって、もうすぐ一年。
昨年の7月17日父が亡くなった直後の高知での影絵展に、
美紀さんが来てくださってからの、お付き合いになる。 

父を想う悲しみを、いつもポケットに入れてる私に、
この一年、付き合ってくださった。おいしいケーキ、
たのしい会話、夢へのときめき、優しさと笑顔で、
いつもふんわり包んでくださった。
美紀さんや、支えてくださるみなさんのあたたかさで、
ポケットの悲しみは溶け。。。ぬくもりとなって、
じんわり…と、体にしみこんでいった。 

明日の17日は、まるまるっと父の魂と寄り添って、
そぅしたら、たくさんのぬくもりを胸に、歩き出したいと思う。 
父も、「さぁ、行ってこぃ!」って言っている。(*^_^*)
私もいつか、誰かの悲しみを、溶かせるような、

ぬくもりを持てるようになりたい。。。