日記
前の月 2015年11月 次の月
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
【 最近の日記 】
【 2015年の日記 】

【 2018年度 】

【 2017年度 】

【 2016年度 】

【 2015年度 】

【 2014年度 】

【 2013年度 】

【 2012年度 】

【 2011年度 】

【 2010年度 】

【 2009年度 】


 

どうなるかな、の工作。


2015年11月23日



ずっと作ってみたかった、立体の星の灯り。
それも、骨組は無しで、和紙だけで作りたかったんです。
でも、光が透けるくらいの薄い和紙では、星の形が保てません。

想像してみると、糊で丈夫になる和紙のはりぼてが、理想。
でも、どうやったらできる?
立体の星の型を作って、はりぼてにしても、
複雑な形では、型から抜けない。。。

いろいろと思案してみた結果、
「五角すい」の木型を作って(KIYA工房さんに依頼)、
五角すいのはりぼてをたくさん作り、つなぎ合わせる方法で、
トライしてみる事にしました! どうなるだろう!!


五角すいでも、型から抜くのは思ったより大変!
木型はニスでツヤツヤにし、ワックスも塗ってみよう。
「丈夫かつ光に透けやすく」の両立は、どんな厚さの和紙を
何枚、重ねるのがいいんだろう。
色は、どの段階でつけるのが美しいかな。濃さはどうしよう。
仕上げのニスは、和紙感が消えないくらいの方がやさしいな。

たくさん改善点を発見しながら、
一個づつ、一歩づつ、いい雰囲気の灯りに近づいてきました。

本当の星空のように、いろんな大きさや色温度の星々を、
空間いっぱいに浮かべて、そこに光の切り絵を描きたいな。
来春、切り絵の森美術館で、その空間作りたいです!
教科書のない、自分でやり方を見つけてゆく創作って、
失敗もあるけど、「どうなるかな」のワクワクが
どんどんと膨らんで、本当にたのしい!
幼い頃にかかった、この「ワクワク」の魔法は、
今も覚めることなく、私の人生に喜びをくれています♪


さぁ、そんなワクワクから生まれた作品たちを携えて、
あさってから2週間ほど、四国に行ってきます!
○高知県佐川町では、野外幻灯の故郷「酒蔵ロード劇場」を、
○高知県黒潮町の海辺の図書館で、大きなパノラマな景色を、
○高知県足摺岬では、足摺テルメのクリスマスを、
光の切り絵で、描いてきます!! 
その景色を思い、笑顔を願い、たくさん作った絵たち、
どんな光を放ってくれるかな。喜んでもらえるかな。

良いご報告ができるよう、はりきって楽しんできますねー♪
四国、高知のみなさん、ぜひぜひ、遊びにいらしてください^^

みなさん、体調崩されませんよう、お元気に、
2015年の最後の月を、お迎えください。

では、いってきまーす☆ ^^


○もうすぐの光の切り絵展のご案内。