これまでの日記

2011年04月05日


今日、暖かな日差しに誘われて、
「あっちゃん」人形とカメラを片手に、散歩に出かけてきました。

見上げたら、そこには花。 うつむいても、そこにも花。
花はただ生命をつなぐためだけに、
ただそれだけに咲いているのに、なぜ人の心に映る時、
いろんな感情が重なってくるんでしょうね。

今年の桜はひときわ、美しく感じています。
長い寒さでなかなかほころばなかった硬い蕾が
ようやく膨らみ始め、一つ二つと淡いピンクの花びらを
開き始めた時、立ち止まり枝を見上げました。
「あぁ。。。どんなに長い冬も、必ず春がやってくきて、
今年も、桜は変わらぬ姿を見せてくれるんだ。。。」
胸が熱くなり、そして、希望も感じました。
            
一つ一つの桜の花が、笑顔に見えてきました。
                                
また明日、笑顔が増えますように。。。